夏場の保湿戦法

冬場は雲行きが乾燥するので、肌も乾燥しやすくなります。けれども、暑い夏は潤いや汗で肌がヌルヌルするので、保湿加勢なんて無用、なんて考えている人も多いでしょう。但し、夏季も肌は乾燥しますし、保湿も怠ってはいけないのです。

夏は本当に暑く、最近では、ほとんどの部位で冷房が効いていると思います。そうして、その冷房に長く入っていると、雲行きがドライし肌も乾燥してくる。また、皮脂で顔付きがテカテカになるのを削るために、あぶら取り去り用紙で何回も拭いたり、何度も顔付きを洗ったり始めるお客もいますが、すると肌の内方が乾燥する“インサイドドライ肌”になってしまいます。

乾燥すると、毛孔が滞り易くなって、発赤ができ易くなる。グングン、肌の水分が少ないので、肌の生まれ変わりの“交替”のリアクションが低下し、退化を促す条件にもなるのです。

このように、夏季も肌はドライし、それを放置しておくと、さまざまな悪影響が現れるので、夏季もちゃんと保湿を行う必要があるのです。けれども、暑さや潤いでやたら始める夏は、冬場と同じ保湿方法では絶対に途切れるでしょう。では、暑くて不快になる夏季も、簡単で快適に試せる保湿計画を紹介します。

洗いは、たっぷりの泡でやさしく流します。汗を人一倍かいたからといって、ゴシゴシと何度も洗うと、もう一度肌のドライを悪化させてしまうのでやめましょう。

洗いをしたら、アッという間にメーク水を押し付けましょう。メーク水は、方法に少数ずつ取って肌に広めることを数回行うことで、肌に浸透させます。

お風呂上りにクリームをくっつけるといったベタつくから付けたくない、というお客もいるでしょう。ただし、メーク水だけで終わらすのは良くありません。なぜなら、どうにか浸透させたメーク水の保湿元を蒸発させてしまうからだ。十分保湿するためには、クリームや乳液でたっぷり閉じこめる必要があるのです。クリームのベタ付きが気になる場合は、クリームの後に乳児パウダーを付ければ、サラッとしていて気にならないので、ぜひともお試しください。

保湿加勢は厄介としてしまうが、意外と手間のかかることではありません。機会に応じた保湿方法で、通常積み上げることによっていい効果が発揮されます。美しい肌を保つためにも、頑張りましょう。ミュゼ錦糸町のWEB予約限定でオトクに美容脱毛